【青酸コーラ無差別殺人事件】コーラを用いた未解決事件の詳細と影響は?

青酸コーラ無差別殺人事件とは?未解決事件

今回お話しするのは

無差別殺傷未解決事件

青酸コーラ無差別殺人事件

です。

今の自動販売機に移り変わったある意味では大きな出来事でもあります。

スポンサーリンク

青酸コーラ無差別殺人事件とは?

青酸コーラ無差別殺人事件とは?

青酸コーラ無差別殺人事件は、1977年1月3日~2月半ばまでに発生した殺人事件。

東京や大阪で、シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)をコーラを混入。

それを自動販売機の近くに放置し、ラッキーと思ってそれを飲んだ方たちが毒殺されていった。

犯人は逮捕されず未解決となってしまった。


  • 被害者: 4名(1件は未遂)
  • 犯人: 未逮捕 



[スポンサーリンク]

青酸コーラ無差別殺人事件の流れ

青酸コーラ無差別殺人事件の流れ

では、この連続無差別殺傷事件を順番に見ていきましょう。

  1.  最初の被害者
  2.  2番目の被害者
  3.  3番目の未遂
  4.  4件目の被害者

この順番です。

最初の被害者

青酸コーラ無差別殺人事件:  最初の被害

1977年1月3日の午後11時半頃に最初の事件が発生。

東京都港区で新幹線の列車食堂でアルバイトをしていた当時16歳の男子高校生が、アルバイト先から宿舎へ戻る途中に発生。


品川駅近くの品川スポーツランド(現在の品川プリンスホテル)の正面にある公衆電話。

そこに置かれていた未開封?のコーラを拾って宿舎に持ち帰った。

そのコーラを飲んだ瞬間、異様な味を感じて吐き出したが突然倒れて意識不明に。

胃洗浄などの救命処置が行われたが、男性は間もなく死亡してしまった。


第二の被害者

青酸コーラ無差別殺人事件: 第二の被害

第2の事件は同月の4日に発生。

1件目と同じ電話ボックスから、600m以内の歩道上で当時46歳の作業員が倒れていた。

男性は死亡しており、高校生と同じく青酸中毒死であった。

倒れた男性の近くにはコーラの瓶が転がっていて、調べてみた結果、青酸反応が見つかったという。

第三の被害者(未遂)

青酸コーラ無差別殺人事件: 第三の被害

3件目も同じ区域で発生。

青酸入りのコーラが置いてあり、それを商店の15歳の息子さんが見つけてしまった。

ただ、彼はその時用事があり、そのコーラには手を付けなかったので、結果的に助かっています。



第四の被害者

青酸コーラ無差別殺人事件: 第四の被害

4件目は東京の事件か1ヶ月後の大阪府の藤井寺市で発生。

会社員の男性が煙草を買いに立ち寄った酒屋の公衆電話にコーラが置いてあり、それを飲んで意識不明に。


男性は一命は取り留めたものの、退院をした翌日に自宅で自殺。

男性は親族に

東京の事件を知っておきながらこんな事態になってしまい、世間に顔向けできない

と打ち明けていて、それが自殺の原因となったという。

ただ、

  •  誰も彼がコーラを飲んだところを見ていない
  •  男性の症状には青酸中毒特有の症状はなかった

という報道もあり、本当の自殺の原因は分かっていないという・・・。



[スポンサーリンク]

模倣犯のチョコレート事件?

青酸コーラ無差別殺人事件

これらのコーラ事件が発生した後の2月14日、東京で男性がチョコレートの箱が40箱入った袋を発見。

見つけた男性は一連の青酸コーラ事件から、疑いをかけて警察に届けた。

警察は当初遺失物扱いで製造元に返却したが、製造番号は不明であった。

そこで研究所でチョコレートを調査したところ、青酸化合物が検出されたという。


そして、チョコレートの箱には

オコレル ミニクイ ニホンジンニ テンチュウヲ クタス

などの脅迫文も書かれていた。

同一犯かどうかは不明だが、模倣犯の可能性は十分にあるという。



同じ日に発生した事件

青酸コーラ無差別殺人事件

同じく2月14日に神田駅のトイレでチョコレートを拾った男性が電車内で食べ、意識不明になった。

この男性は当初食中毒と診断され、命に関わる事でもなかったので翌日には退院をした。


ただ、翌年に捜査員がこの男性が食べたチョコを分析したところ、微量の青酸ナトリウムが混入されていたことが判明。

食中毒ではなく、毒を盛ったチョコレートを食べてしまった事件。



チョコレートを置いた不審人物

青酸コーラ無差別殺人事件: チョコを置いた不審人物

この2つの事件が発生した14日以前にも、チョコレートの箱が入ったバッグを東京駅に置いている人間がいたという目撃証言があった。

この目撃証言は複数あり、証言によれば置いた男性は同一人物であり、警察はコーラに青酸を入れた男と同じと見ていたという。

ただ、結局コーラとチョコレートの青酸事件の関連性は正確には不明。

この置かれたチョコレートもどうなったのかは不明となっている。

[スポンサーリンク]

青酸コーラ無差別殺人事件: 犯人は?

青酸コーラ無差別殺人事件: 犯人は?

犯人の予想は立てられており、当時はコーラが人気であったことから

若者で、青酸化合物を入手しやすい塗装業・加工業者では

といった憶測があった。

ただ、当時は監視カメラがそこまで普及しておらず、カメラが少ないことから犯人の目撃証拠もなかった。

それ故に犯人につながる証拠や犯行理由も分からないまま、1992年1月4日に公訴時効となってしまった。



[スポンサーリンク]

青酸コーラ無差別殺人事件: 社会的影響

青酸コーラ無差別殺人事件: 社会的影響

この青酸コーラ無差別殺人事件が発生した同時期に、「パラコート」がドリンクに混入された無差別事件が発生。

この後、瓶で販売する自動販売機の数は減少。

そして、一度開封したかどうか判別をしやすいように

  1.  スクリューキャップボトル
  2.  缶

など、一度開封したら元の状態には戻りにくい飲み物に変わっていきました。


瓶などのゴミ問題などもありましたが、この一連の事件が後押ししたと考えられます。

もしかしたら、この事件がなければ今も瓶形式の自動販売機はあったかもしれませんね。



[スポンサーリンク]

まとめ: 青酸コーラ無差別殺人事件はこんな事件

まとめ: 青酸コーラ無差別殺人事件はこんな事件

このような事件が本当に恐ろしいです。

犯人が分からないので、もしかしたら今でも生きているかもしれないのです。

そして、実はこの事件後にパラコート連続毒殺事件が起きています。

規模的にはこちらの方がかなり大きいです。

という訳で今回のまとめ

  1.  青酸コーラ無差別殺人事件は1977年に発生した連続殺傷事件
  2.  青酸化合物をコーラに混入した犯行
  3.  当時は未開封かどうかの判別は難しかった
  4.  3人の犠牲者を出した
  5.  同じ時期に発生したチョコレート事件
  6.  青酸化合物が入手しやすい、監視カメラも普及していなかったので犯人の特定には至らず未解決事件に
  7.  今の自動販売機のスタイルになった契機の事件
  8.  パラコート連続毒殺事件も同時期発生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
未解決事件
takuyanをフォローする
世界犯罪目録
タイトルとURLをコピーしました