【ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故】遺留品が一切見つからなかった謎の航空機事故とは?

”ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故”とは?飛行機事故・事件

今回のお話は

謎多き飛行機事故

ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故

 のお話です。



スポンサーリンク

”ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故”とは?

”ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故”とは?

「ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故」は1979年1月30日に発生した航空機事故。

日本からブラジルへ飛び立ったヴァリグ・ブラジル航空967便が、その航路の途中で消息を絶った。

6名の乗組員全員が行方不明(死亡と判断)になり、絵画や自動車部品なども全て行方不明となってしまった。

ただ、機体の残骸といった遺留品が1つも見つからず、墜落の原因なども不明の未解決事故となってしまった。


  •  死者: 6名
  •  事故原因: 不明



[スポンサーリンク]

遭難までの経緯

ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故: 事故の流れ

967便は

  •  火曜日の午後6時に成田国際空港を離陸
  •  12時間後にロサンゼルス空港で給油
  •  ペルーのリマ経由でサンパウロのヴィラコッポス国際空港へ

といったフライトプランであった。

ただ、この日は積み荷の積載に手間取り、2時間遅れの午後8時23分に離陸。

その30分後の53分に「銚子東北東沖210㎞」付近で

次の位置通報地点通過は9時23分

これが最後の通信となり消息を絶ったのであった。



機体の捜索活動

ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故: 捜索活動

最後の通信の後、通信機の故障か周波数を変えたためか連絡は一切なかった。

しかし、燃料が尽きる時間になってもどの空港にも到着していないと確認。

機体は遭難したと判断。

機長が1973年の事故で不時着させたベテランパイロットということもあり、不時着していると予想されていた。

遭難したと予想される地点を中心に捜索がされたが、残骸は何一つ発見されなかった

そのまま2月5日の午後1時に捜索が打ち切りとなり、6名の乗組員全員の死亡という結果で終わったという。



失われた積み荷と未発見の遺留品

ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故: 未発見

捜索を行っていた際、

  1.  フライトレコーダー(電波を発し続ける)
  2.  ボイスレコーダー
  3.  燃料(海面に浮かんでいるはず)
  4.  機体の一切の残骸
  5.  積み荷の雑貨類、自動車部品
  6.  積み荷の絵画1200㎏

などは一切発見されませんでした。

この原因は、消息を絶った付近が水深5㎞前後の海域であったこと。

このことから、遺留品が全て海の底に沈没し、当時の技術では探知が出来なかったことと推測されている。


[スポンサーリンク]

遭難に関する様々な説

ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故: 様々な説

「機体は何故墜落し、何故何一つ発見できなかったのか?」

という疑問が長年の間付きまとっていました。

どのような墜落事故であれ、事故後の捜索で普通は遺留品やボイスレコーダーなどは発見される。全く発見されないケースはほとんどない

という事も言われていることから、謎が謎を呼び続けました。


そこでいくつかの説が飛び交った。

  1.  乱気流に遭遇して墜落
  2.  金属疲労などによる機体の破損
  3.  積み荷の爆発
  4.  テロリストの仕掛けられた爆弾で墜落
  5.  乗務員が自殺を図って急降下



とんでも陰謀論~超常現象説

ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故: 陰謀論

こういったことから、こんな陰謀論が飛び出してきたのであった。

機体にはアメリカ軍の機密物資が搭載されていて、ソ連が機長を買収。故意に太平洋上に不時着させて潜水艦で回収した。

という、機長が大ベテランであることや、当時の世界情勢から誕生した陰謀論であった。

また、超常現象説で同機は「ドラゴントライアングル」で行方不明になったことから、

  • 何らかの超常現象が原因
  • 未確認飛行物体に拉致された

なども囁かれるようになった。

これらは当然全て陰謀論であり、事故の核心的な部分をついた説ではない。

機体は何かしらの原因で墜落し、そのまま海の底に消えていった

という説が強い。



[スポンサーリンク]

まとめ: ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故

まとめ: ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故

この事故は珍しく、一切の遺留品が発見されなかった航空機事故です。

航空機の事故は

起きることが少ないが、起きると一番生存率が低い

と言われています。

機体を運用していたヴァリグ・ブラジル航空も、2014年に80年近い歴史に幕を閉じています。



という訳で今回のまとめ

  1.  ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故は1979年1月30日に発生した事故
  2.  ブラジルへの定期航空便が離陸後行方不明に
  3.  6名の乗務員が死亡と判断された
  4.  遺留品などは一切発見されなかった
  5.  墜落した原因も一切不明
  6.  様々な説がでたが核心となる説は一切出ていない

⇒⇒次によく読まれる記事

  1. 【自衛隊機乗り逃げ事件】自衛隊員が起こした未解決事件の詳細とは?
タイトルとURLをコピーしました