【縛りなしWiFi】メリット・デメリットから本当におすすめできるのか?徹底調査!!

ネット回線

こんにちは^^タクヤンです。

今回紹介するのは

縛りなしWiFi

NO MOBILE NO LIFE

です。

悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

結論から言うと「かなりおすすめできるレンタルサービス」です。

 

 

縛りなしWiFiとは?

「縛りなしwifi」は株式会社クーペックスから提供されている「ポケットwifi」のプロバイダー会社。

「4つのスタンス」があり、新しく出てきたサービスとして注目を浴びています。

  1. 通信制限なし
  2. 契約期間の縛りなし
  3. 最短当日発送、翌日到着
  4. 端末本体代金なし

 

上の情報は本当なのか,実際に見ていきましょう。

 

 

縛りなしwifiの料金と特徴

特徴の1つの料金体系。

縛りなしWiFiには「縛りなしプラン」と「縛っちゃうプラン」の2つが用意されております。

それぞれ比較していきましょう。

 

縛りなしプラン縛っちゃうプラン
料金3300円2800円
契約期間なし3年
契約解除料金なし15000円
契約初月費用3300円の日割り2800円の日割り
初期費用1000円1000円
契約可能端末WiMAX

SoftBank

SoftBank

 

以前は「縛りなしプラン」の1年目までが3300円でそれ以降の料金が2800円でした。

それが「縛っちゃうプラン」となったので2つの料金プランになったというわけですね。

 

 

縛りなしWiFiで契約できるその他細かいオプションプラン

安心サポートプラン端末を紛失した時に発生する「39800円」の負担金が1台当たり月額500円の追加料金で「10000円」に軽減可能!

(ただし条件複数あり)

モバイルバッテリー外出先でWiFiを使う場合、バッテリーの消費量も多いです。

そこで月額300円の追加料金で「モバイルバッテリー」が付いてきます!!

モバイルバッテリーの紛失・破損時には1000円(税抜き)が請求されます。

 

 

「縛りなしWiFi」の「縛っちゃうプラン」と「縛りなしプラン」果たしてどちらがおススメか?

 

縛っちゃうプランの月額2800円というのはメリットが大きいように感じられます。

仮に3年間利用した時の料金を比較します。

  1. 縛りなしプラン: 118800円
  2. 縛っちゃうプラン: 100800円

縛っちゃうプランの方が「18000円」安くなっており、3年で契約を考えているならば「縛っちゃうプラン」がおススメとなります。

ですが、縛っちゃうプランと縛りなしプランを比較した時の「縛っちゃうプラン」のデメリットを以下に記しておきます。

  • 3年以内に契約解除したら必ず15000円解除料金がかかる
  • 仮に2年で契約解除したら「12か月×2800円」+「15000円」掛かる
  • 取り扱い端末が少ない

などです。

 

 

縛りなしWiFiの利用可能端末のスペック比較

 

Speed Wi-Fi NEXT

WX05

Speed Wi-Fi NEXT

W04

Pocket WiFi

603HW

Pocket WiFi

502HW

回線WiMAXWiMAXSoftBankSoftBank
最大通信速度440Mbps440Mbps612Mbps187.5Mbps
同時接続10台10台13台10台
連続通信時間約14時間約10.5時間約8.5時間約10時間
連続待受時間約700時間約850時間約850時間約850時間
通信制限3日で10GB3日で10GB1日で2GB1日で2GB

カタログスペック上はいい点が多いですが、特に最大通信速度などは通信場所や通信時間帯などによってかなり変動します。

 

縛りなしWiFiの大きなメリット3選!!

ではまず縛りなしの大きなメリットを主に3つ記していきます。

  • 契約期間という縛りなし
  • 他社と比べて圧倒的安値
  • 最短翌日発送

 

 

メリット1:縛りなしWiFiに契約期間は存在しない

普通のWiMAXのサービスを提供している他の会社契約期間は「2~3年」となっています。

これは「2~3年は必ず契約してね♪解約したら解約金払ってね♪」という意味での「契約期間」となります。

 

しかしこの「縛りなしWi-Fi」にはその「契約期間」の縛りが存在しません。

そう・・・・いつでも「解約」が出来るという特徴があり、「契約期間」は「あなたの好きな期間」ということです。

とはいっても、新しいプランの「縛っちゃうプラン」は残念ながら3年の契約期間が存在します。

 

 

メリット2:縛りなしWiFiは無制限プランで見ると圧倒的安値

 

縛りなしプランは無制限プランで考えるなら他社のプラント比較しても圧倒的に安値です。

仮に初月1週間契約し、3年間契約した時にその他サービスとの料金比較をします。

縛りなしプランと縛っちゃうプランで計算します。

項目ギガ放題プラン
UQ WiMAX2+4538円
BIGLOBE

WiMAX2+

3591円

3703円

GMO

とくとくBB

3304円

3648円

Broad

WiMAX2+

5062円

4180円

@nifty

WiMAX2+

3559円
So-net

WiMAX2+

3703円
DTI

WiMAX2+

3601円
novas

WiMAX2+

 3996円
Smafi

WiMAX

 3673円
カシモWiMAX 3704円

3685円

FUJI Wifi3255円
hi-ho WiMAX

ギガ放題プラン

4048円

3752円

縛りなしプラン2987円
縛っちゃうプラン 

 

 

メリット3:縛りなしWiFiは即日発送が可能

これはもちろん申し込みした日の12時までが条件となっていますが,翌日に発送されます。

 

ちなみに、台風やお届け先によって発送がおくれることになりますが、それでも最短翌々日からルータの利用が可能となっており、急いで使いたいという方にはおすすめのポイントです。

 

 

縛りなしWiFiのデメリット5選

ではここで重箱の隅をつつくがごとく探してきた縛りなしWiFiの大きなデメリットを記載しておきます。

  • 故障した場合の弁償代がヤバい
  • ルーターの機種が選べない
  • 本当は発送が遅い?
  • 初期契約解除が出来ない?
  • サポート対応が悪い?

 

デメリット1: 縛りなしWiFiの弁償代が高い

縛りなしWiFiは契約期間がないんですが、端末が故障した時の弁償代がえげつないです。

盗難や水没などにより端末が紛失・故障してしまうと弁償代として「39800円」請求されます。

 

他サービスでは最悪解約してしまえば19000円で済みますが、縛りなしWiFiではその点は許してくれません。

これを唯一回避するには「安心サポートプラン(500円/月)」に加入していれば10000円に減額されます。

ですが、そのための条件は

  1. ルーター契約時のみ加入可能
  2. 途中加入不可
  3. 契約から半年以上たっている
  4. 半年に一度しか適用されない
  5. 途中解約不可

さらに「縛っちゃうプラン」では「紛失・盗難」の場合は保証されないとのこと。

 

 

デメリット2:縛りなしWiFiではルーターの機種が選べない

縛りなしWiFiはルーターの機種が選べないという欠点があり、在庫状況によって発送される端末の種類が変化していきます。

 

生活圏によって「WiMAX」の方がいいという場合でも何が来るかは端末が届いてからのお楽しみという謎のどきどき要素あります。

でも実際に使用する場合、ユーザーの希望もあると思いますのでこの点は大きなデメリットになるかもしれません。

 

【2019年】WiMAX2+の端末一覧とプロバイダごとの契約可能端末まとめ
WiMAXの各プロバイダで契約できる端末の比較と各端末の特徴とおすすめプロバイダを紹介していきます。

 

デメリット3:本当は発送が遅い?

発送が即日可能!!みたいな売りでしたが、実際はどうなんでしょうか?

実際に利用しているユーザーの声を確認してみましょう。

縛りなしWiFiはこの当時は結構人気でかなり申し込みもあったために在庫数が足りなかったのではないのかなと想像しています。(前向き思考)

さらに、当たり前ですが発送状況も場合によっては遅れるのかもしれません。

 

デメリット4:縛りなしWiFiでは初期契約解除が出来ない?

これは後述しますが、縛りなしWiFiにおいて初期契約解除が出来るプランとできないプランが分かれております。

  1. 縛りなしプラン: 不可能
  2. 縛っちゃうプラン: 可能

なんですが、縛っちゃうプランもいろいろと条件があるので初期契約解除はなかなか難しいです。

 

デメリット5: サポート対応が悪い?

さらに縛りなしWiFiはサポート対応が悪いという口コミが多いです。

Twitterの報告でも発送対応・返送対応のメールを送ってもテンプレメールばかりでちゃんとした対応をしてくれないという報告がちらほらあります。

 

他のサービスの方よりもその点がデメリットになります。

 

縛りなしwifiの悪い口コミは本当なのか?

縛りなしwifiの評判

縛りなしwifiの評判

まだ情報はそこまで多くはありませんが、他のサイトさんでもおおむね良好な評価を得ていると思います。

ですが、iPhoneの充電ケーブルがないという公式サイトの記載と少し相違があるという言葉もありますが、その点だけを目を瞑ればどのプロバイダとも肩を並べるほどのサービスです。

 

契約したけどやっぱり解除したい。初期契約解除は可能?

いわゆる「契約したけど気が変わったから解除したい」という場合ですね。

これは

  • 縛りなしプラン: ×
  • 縛っちゃうプラン: 〇

です。

縛っちゃうプランの場合でも以下の条件で初期契約解除が可能になります。

返送先

  • 〒 143-0026
  • 東京都大田区西馬込1丁目22-19
  • 株式会社クーペックス内 縛りなしWiFi初期契約解除窓口

  1. サービス利用開始日から数えて8日以内
  2. お問い合わせフォームからの連絡
  3. 申請書(ダウンロードして印刷)」と「SIMカード」を郵送(返送費は自己負担)
  4. 発送伝票や封筒表面には必ず「初期契約解除」を記載
  5. 個人契約のみ
  6. 購入した端末代金は対象外

これで解除できますが、「3000円」は契約事務手数料として請求はされます。

 

 

縛りなしWiFiを解約したいけど解約方法を教えてください

 

以前は縛りなしプランだけでしたが今では縛っちゃうプランまで出てきました。

そこでそれぞれ方法を簡単に書いておきます。

 

縛りなしプラン

最低1ヵ月のご利用後解約が可能で、「商品発送のご案内」メールが届いた後に以下の手順で解約しましょう

  1. お問い合わせフォームから解約希望を送信
  2. 解約申請した翌月末が解約日(10月に申請したら11月30日が解約日)
  3. 解約日から5日以内に「WiFi端末」、「USBケーブル」を郵送

もし5日以内に返却が確認されなかったら翌月分の料金が発生するので注意が必要。

また、郵送方法はなんでもいいがそのときに発生する郵送料金は自己負担です。

 

 

縛っちゃうプラン

こちらは36ヶ月ごとの自動更新となります。

契約期間中に解約した場合は

  1. 15000円(税抜)
  2. 残っている契約月×1200円

を一括で請求されます。

こちらの解約手順は

  1. 更新月にお問い合わせフォームから解約を希望
  2. 契約終了日から5日以内に郵送

こちらも縛りなしプランと同じで郵送方法は何でもいいですが、その際の料金は自己負担となります。

 

 

ハイスピードプラスエリアモードは縛りなしWiFiで可能?

これは原則遠慮してもらってるらしく、一度でも切り替えを行った場合は別途1005円(税抜き)を請求され、月間の通信料上限が7GBになります。

これを理由での端末交換はできないです。

なので縛りなしWiFiを利用するなら「ハイスピードプラスエリアモード」は絶対に使わないようにしないといけません。

 

「ハイスピードプラスエリアモード」とは何なのか解説!!
WiMAXの通信モードにある「ハイスピードプラスエリアモード」。どういった内容なのかその特徴やデメリット、メリットなども併せて解説していきます。正しくお得に利用しましょう。

 

縛りなしwifiは引っ越して回線工事が終わっていない方など短期利用者にもおススメ!!

管理人にもありましたが引っ越して直ぐにインターネット回線工事は行われません。

僕が立ち合いの元で工事をするので、引っ越して初めの約1ヵ月ぐらいは回線工事が出来ずに大学までWi-Fiを繋ぎに行ってました。

正直地獄でした。

なので、管理人の体験談からも踏まえますと

 

  • 1~2ヶ月ネットの回線工事が終わらない
  • ネット回線を乗り換える間の短期間
  • 安くネット回線を使いたい
  • 1年未満の契約で十分だと考えている人

 

などと言った短い時間家のネット回線が使えない方や,契約期間に縛られたくない人にはこの「縛りなしwifi」はおススメです。

気になる方は下のリンクから見に行くことが出来ます!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました