WiMAXのクレードルとは何なのか?本当に購入する必要性があるのか?

WiMAX2+

今回お話しするのは

WiMAXのルーター付属品

クレードル

のお話です。

クレードルを知らない人に向けてのお話です。

 

 

そもそもWiMAXのクレードルとは?

画像出典:UQアクセサリーショップ

まず「クレードル」って何なの?という話になると思います。

「WiMAX2+」を受信する「モバイルルーター」のアクセサリの1つです。

クレードルは「充電の機能を広げた充電機器」と形容した方が良いでしょうか?

主に以下のことが出来ます。

  • Wi-Fi非対応機器でも通信可能!
  • ルーターを置くだけで充電可能!
  • 無線LANスポットにもなる!

それぞれ見ていきましょう。

 

クレードルの役割1: Wi-Fi非対応機器でも通信可能とは?

 

例えばデスクトップ・ノートPCにおいてWi-Fi非対応機器などもあります。

古いパソコンなどはそうですね。

こういったWi-Fi非対応機種の機械などは有線ケーブルなどでないとネットを使えないという問題点があります。

 

そういった機械に対してもクレードルならWiMAXを対応させることができます。

クレードルの裏には「有線LANポート」がついていますので有線ポートを差し込めます。

後はWi-Fi非対応パソコンに差し込めばネットを使えます。

 

クレードルの役割2: ルーターを置くだけで充電可能

 

一昔前の携帯電話や一部の端末でも端末を差し込むだけで充電することが出来る機能のことです。

 

クレードルを置いておき、いつもそこでルータを充電させておけばクレードルがどこに行ったのかを心配する必要はありません。

ケーブルだけだと布団の横や机の上に差したまま放置することが出来ますが,最悪の場合どっかに消えてしまったり端末を踏んでしまう危険性もあります。

 

役割3: 無線LANスポットにもなる

これは自宅に固定回線を引いている人なら大きく関係してきます。

前提条件として「クレードル」と「モバイルルーター」の場合です。

  1. モバイルルーターの「設定」から「アクセスポイントを使用」にします
  2. クレードルに固定回線のケーブルを差します
  3. クレードルにモバイルルーターをセット

上の手順でモバイルルーターを固定回線の無線中継機として使うことが出来ます。

外ではWiMAX2+,au 4G LTEを使って家では固定回線を使いたいという方には必要になります。

 

 

クレードルはどこで購入できるのか?

クレードルは特別なルートでしか購入できないという訳ではなく、

「Amazon」や「楽天」でも購入することが可能になっています。

  • Amazon
  • 楽天
  • UQアクセサリーショップ(公式)

主に購入するなら上の3つからになるでしょうか?

もしくは、WiMAX2+の契約時に機種選択などで「必要か不要か」を選択する時もあります。

クレードルにW06などはあるのか?

ここではクレードルなどの種類を記載しておきます。
*2019年11月時点でW06のクレードルはまだ販売されておりません。

 

料金に関してはAmazonではなく「UQアクセサリーショップ」の料金(税込)を出しています。

また、「W05」「W04」は生産が終了しているとのことで値段は「ビックカメラ」での値段になっています。

項目WX05W05WX04W04WX03W02WX02WX01
料金4050円3180円3608円3180円3921円3025円3025円1円
質量(約)102g75g94g94g96g76g55g55g

 

【カシモWiMAX】本当に最安級なのか?おすすめできるのか徹底解剖!!
月額1380円~という業界最安級の「カシモWiMAX」。本当に業界最安級なのか?デメリットやメリットなど様々な点を見ておすすめできるのか徹底解剖!!

 

クレードルを購入する必要性はあるのか?

クレードルを購入する必要性はあるのか?

結論から言うと、「状況によっては必要性はない」です。

その理由はいくつかありますが、モバイルルーターとして利用している方にとっては本当に必要ないかもしれません。

 

1: クレードルは無くてもUSBケーブルさえあれば充電できる

クレードルは無くてもUSBケーブルさえあれば充電できる

まず1つ目の「充電機能」ですが、画像の下の色付けされた文にもあります。

「モバイルルーター」に付属してくる「USBケーブル」で充電することが出来ます。

携帯を買った時には充電ケーブルは付いてくるので、わざわざ別で充電ケーブルは買わなかったですよね?

それと同じで、ただモバイルルーターを充電するだけならこの「クレードル」は必要ありません。

(しかし、USBなどを差し込まずに充電できるので端末本体には優しいというメリットがあります。)

 

 

2: プロバイダによってはクレードルのせいでキャッシュバックの金額が減る

これはプロバイダごとに変わりますが、例として「GMO とくとくBB」で見ていきましょう。

プロバイダによってはクレードルのせいでキャッシュバックの金額が減る

↑の画像のように3000円ほどキャッシュバックが減ります

クレードル本体は値段はバラバラですが、3500円が多いです。

それを考えると・・・・・。

 

でも充電するだけならわざわざ3000円を落とす必要性が・・・・ってなります。

しっかりと考える必要性があります。

充電するだけ・・・と考えている人は迷わず左でいいです。

 

 

3: クレードル単体は3000円~

 

クレードルは単体でも安くて3000円~します。

Amazonなどなら中古で2000円ぐらいで買えますが、充電程度で考えている人からしたらクレードル単体で購入!!ってちょっとなりにくいですね。

 

とはいえ、付属品に3000円以上払うかどうかはあなたの身の回りの環境で考えるのがいいでしょう。

 

4: クレードルとWiMAXの端末は互換性がない

クレードルとWiMAXの端末は基本的に1対1の関係性

これは「クレードル」は1つ買っても全てのルーターには対応しません。

どういう訳か?

  • W05のクレードルを購入したらW05以外には利用できません
  • W02のクレードルはW02の端末にしか対応していない

といった感じでクレードルは端末と主に1対1の関係性しか持ちません。

W05の端末を購入したけど、W04のクレードルを利用しよう!!

などは不可能です。

なんかAmazonでは他のクレードルにも差し込めたっていうレビューもありましたがやめた方がいいでしょう。

 

クレードルってレンタルできるの?

基本的にクレードルは「レンタル」することが出来ません。

プロバイダで見ても「クレードルとセットで申し込み(クレードル代金3000円)」などがほとんどです。

 

その中で「WiFiレンタル屋さん」なら「1150円/日」でクレードルとセットでレンタルすることが出来ます。

超短期間なら問題はないですが1ヶ月で約9000円ぐらいになります。

  • クレードル代(3000円~)⁺ WiMAX代4000円で約7000~8000円
  • (クレードル+WiMAX)で9000円

などで考えるとレンタルよりも購入する方がいいでしょう。

ちなみに、クレードル単体でのレンタルサービスは探しても無かったのでやはり購入するという道以外はほとんど選択肢がないのでしょう。

 

 

終わりに

クレードルは実際には使う人がどういった環境なのかによって大きく変化してしまいます。

家でもWiMAX2+でネット

家では固定回線だけど、外ではWiMAX2+

この二つは同じようで全然違ってきたりします。

そういった時にクレードルというのは役にたったり、逆に不要だったとなってしまいます。

まず、クレードルが何なのかを理解してから自分が利用するにあたって本当に必要なのかを見極める必要性があります。

 

タイトルとURLをコピーしました